読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米津玄師さん愛は本物、あたしが決めた

米津玄師さんをこよなく愛し、ただ溺れていたい

米津玄師さん、ラジオありがとう

http://www.tfm.co.jp/lock/staff/smartphone/index.php?itemid=8713

 

f:id:raruurattatta:20160930004708j:image


f:id:raruurattatta:20160930004721j:image

 

よく目にするTwitterの名前

子ども世代のファン

何もかも

自分でできる世代ではなく

何もかも

他者から与えられて生きている存在たち

 

彼ら彼女らは

周りの大人たちから

吸収したり

周りの大人たちの世界だけで

生かされつづけている

 

いろいろな境遇の

いろいろな立場の

いろいろな事情の

いろいろな環境の

いろいろな健康状態の

いろいろな内面の

 

1人としておなじひとはないけれど

 

「こんな自分でも好きだと言ってくれる人に出会えたり、自分が好きな人に出会えたりする。負け犬も悪くないなと思ってもらえたら」

 

米津玄師さんはそう言って

一生懸命伝えてくれていた

 

電話の彼女

Twitterでつながろうとすればつながれる所にいる彼女

 

そうか

つながろうとすれば誰とデモ

あたしが好きになった

米津玄師さんが生きていた世界は

そういう世界なのだな

 

アナログな

携帯電話のない

青春時代を過ごしたあたしにとって

 

世界を認識することすら

なかなかな想像力が必要

 

って

なんでなん?

あたしは米津玄師さんが好き

たしかにそう感じる

でも何でなんやろうと?

ずいぶん考えても答えはなくて

 


f:id:raruurattatta:20160930014056j:image

 

もう

「米津先生、米津さんがいなかったらあたしは存在していなかったです。米津さんありがとうございます」

「こちらこそありがとうございます」

「米津さんが大好きです。これからも応援します」

「(ニッコリ笑った気がした)ありがとうございます」

 

涙が出た

泣きながら

聞きていた

書いていても涙がでる

米津さんが

米津さんを好きですという言葉を

直接ファンから聴けたこと

米津さんの心の底からの嬉しさが

ラジオから感じられた

そんなふうに

米津さんの気持ちを引き出してくれた

高校生の彼女

本当にありがとう

本当に素晴らしいです

声が震えていたから

緊張でどうにもならなかったのだろうって事は

誰の目にもわかることで

大好きですと伝えたかったことも

なんとかしぼりだした事も

本当に大好きで

米津玄師さんの事が大好きで

放送後のツイートでもそう言っていたし

 

その気持ちが痛くって痛くって

切なくって切なくって

締め付けられて締め付けられて

狂おしいほどに

 

 

こんなに青春時代から遠くはなれていても

青春時代の気持ちになれるのかと

ビックリもするし

それ程までにあたしは

米津玄師さんが好きになっちゃってる

 


f:id:raruurattatta:20160930014124j:image
f:id:raruurattatta:20160930014136j:image
f:id:raruurattatta:20160930014152j:image
f:id:raruurattatta:20160930014212j:image


f:id:raruurattatta:20160930014302j:image
f:id:raruurattatta:20160930014321j:image
f:id:raruurattatta:20160930014337j:image
f:id:raruurattatta:20160930014405j:image

f:id:raruurattatta:20160930014232j:image
f:id:raruurattatta:20160930014245j:image

f:id:raruurattatta:20160930014545j:image

 

ラジオってすごいね

全部伝わるもの

 

感動いたしました

 

そしてやっぱり優しいやさしい米津玄師さんが

とてもとてもステキでした

こんな感じで

話しかけてくれていたのだろうか

 

っていう画像があったので

はりつけました

こんな優しいお兄ちゃん

 

全てのファンのお兄ちゃんだよ?

同じ時代に生きていて

あたし達は幸せだね


f:id:raruurattatta:20160930004745j:image