読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米津玄師さん愛は本物、あたしが決めた

米津玄師さんをこよなく愛し、ただ溺れていたい

米津玄師さん、描くとき

作品を生み出す時
作品には作者の心が描かれている
だから作品を見る時って
心の中を覗きつづける事だ


f:id:raruurattatta:20160502005243j:image

とかって思いっきり
シュールな内容かと思いきや

ただ米津さんの手を



f:id:raruurattatta:20160502004808j:image

手をね
アップにしていくとね
それはそれは
美しい
指が見えるんです



f:id:raruurattatta:20160502004933j:image

ほうら
うっすい胸板の前に置かれた
ほっそい腕には
なっがい指があって
サラサラサラサラ
音が聞こえそうな
そんな画用紙が
おおおおおお
その長い指には
シャーペン!




f:id:raruurattatta:20160502005303j:image

可愛い
シャーペン


f:id:raruurattatta:20160502004912j:image

ゴツゴツっとした
親指の付け根
親指さえ
長い
はぁ〜キレイだなぁ



f:id:raruurattatta:20160502005002j:image

手首の
骨の突起が
また麗しくてね
アップで見たかったんだよ


f:id:raruurattatta:20160502005013j:image

くしくも光に照らされた
腕から指先に続く
浮き出た血管さえも
愛しくて
光のコントラストがまた綺麗
人差し指が
なっがいなぁ(ノシ ・A・)ノシ バンバン


f:id:raruurattatta:20160502005025j:image

あ、
また、
光のコントラストが
美しくて



f:id:raruurattatta:20160502005038j:image

踊っているような
紙の上で
米津さんの指は
楽しそうに
踊っているだろうなぁ



f:id:raruurattatta:20160502005053j:image

肘の先に
ぷっくり
腕に触れたくて
手よりも
腕と握手したい

この手では
顔をつかまれたい
顔を覆われたい……か

握手じゃなくて
顔をって
んーなんでそう思ったんかな?
おいおい自分でも分からんのかい!



f:id:raruurattatta:20160502005342j:image

あまりにも
作業中の米津さんを
そのまま再現しているかのような
この画像が
すごい素の米津玄師さんっぽくて
すごい好き



f:id:raruurattatta:20160502005113j:image

薄いけど
ハートはあつい
この米津さんの胸板

顔をうずめてみたい
はぁ〜
そういう握手会は
ないものかな
顔をうずめていくっちゅう
握手も良い
スキンシップが好き

だーれも
好きな人には触れたいと
おもって当然やわね



f:id:raruurattatta:20160502005123j:image

この
机と
米津さんとの間のすきまに
そうだな
猫になって
米津さんの作業中は
ここで丸まってじぃっとしていよう

作業がはかどるように
邪魔にならないように
そうめいに
寛大に

猫の顔
物静かなふりをしながら
内心ドキマギ




作業中の米津さんって
そこら辺の置物より
そこら辺の美少女より
はかなげでうるわしい
いつまでも見ていられるのは
あたしだけでしょうか?